便秘茶の副作用があるの?ナゼ?

便秘茶の副作用があるの?ナゼ?

便秘茶は茶ではありますが、特に便秘を解消する成分にポイントを置いた成分が配合されています。ですから、適さない方が飲むと必要以上に腸を刺激して下痢をしたり、胃腸が弱い方が服用すると食欲不振や胃もたれといった不快症状が発生する、という副作用が起きる可能性もあります。
特に、副作用として一番多いのは、センナやキャンドルブッシュ、アロエ・フェンネルなどの腸壁を刺激する便秘茶によるものです。これら成分は市販の便秘薬にも使われている成分であり、過剰に摂取すると腸壁を過度に刺激して下痢を引き起こしたり、腸がこれらの刺激に慣れてしまい、さらにひどい便秘を引き起こしたりする原因になることもあります。
又、食物繊維も胃腸が弱い方が摂りすぎると胃もたれや食欲不振の原因になる可能性があるので注意が必要です。
どんなものでも、効果があるものは逆にいうと適さない人が服用するとよくない作用を及ぼします。これが副作用といわれるものですので、初めて便秘茶を摂取する場合には、少量ずつ様子を見ながら飲むようにしましょう。様子を見てあまり副作用的な症状がないのであれば、少しずつ量を増やし、その後は安心して服用しても大丈夫だと思います。
しかし、継続して長期に渡り摂取する場合には、最初は副作用的な症状はなくても、体に成分が停滞してある日突然不快な反応が出ることがあります。長期に渡って服用する場合は、随時自分の体を観察し、何か良くない反応が出ればすぐに服用を中止して様子を見るようにしましょう。